NOU BLOG

2014/5/21

ラグビーフェスティバル

18日(日)快晴の下、上越市陸上競技場で「上越ラグビーフェスティバル」が行われました。
午前中が「初めてのラグビー」。未経験のジュニア向けにラグビーに触れてもらいました。どのくらい集まってくれるか?が不安だったのですが、30名程のちびっこが集まってくれました。
彼ら、彼女らには、セブンボールコーナー、キックコーナー、タックルコーナーなど数か所に分かれたグループに順番に回ってもらってラグビー体験を。やはりセブンボールが人気でした。

午後は、まず高田高校、上越教育大、そして我々ナズビーズの3チームで練習マッチを。もちろん私も参加・・。メンバー不足のため、来賓で来ていた早稲田大学後藤監督にも急遽出場してもらい、何とか15名に・・。
まさか後藤さんと一緒にプレーできるとは思いませんでしたね。

この日のために、私もジョギング、多少のウェイトなどで鍛えておいたつもりですが・・・。ジョギングと瞬間的なダッシュとは全く違いますね・・・わかってはいますが・・・。
あとはコンタクトがちょっと・・・。あれは慣れでしょう!
まぁ、それでも15分マッチ2本出場し、ケガもなく無事に終えたことは何より・・・。やはりラグビーは楽しいですわ!

その後は、遠く新潟から来てもらった「新潟市ジュニアラグビースクール」の皆さんと、ワセダクラブ上越ジュニア合同で、後藤監督からタックルの指導を受け、その後、両チームによるゲームを。
後藤さんの指導はさすが! 理に適っていると思ったし、説得力もあります!

そしてジュニアのゲームを観戦していて感じたことが・・・。
子供の成長性というのはすごいものですね。
ワセダクラブ上越ジュニアはほとんど初めてのゲーム。最初はなかなかうまくいかなかったのですが、一つのトライを取ったら、動きががぜん違ってきて・・・。自信が湧いてきて、「やれる・・」と思ったのでしょう!
また終盤、ある選手の一発の「ナイスタックル」が決まってからは、チーム全体が鼓舞されたように、各選手が積極的にタックルに入るようになりました。
スポーツにおいて、「自信を持つ」ということがいかに重要か・・・再認識させられましたね。
そして子供はタックルや相手を抜くなど、一つのプレーで大きく成長します。それも自信がなせる業でしょう!

久しぶりにジュニアのラグビーを観戦しましたが面白い! ラグビー最高です!
ということで楽しい一日でした! 終了後の後藤監督を囲んでの懇親会も盛り上がったし・・・。
参加してくれた選手の皆さん、そして朝から頑張ってくれたスタッフの皆さん、お疲れさまでした! ありがとうございました!